助成金一覧

教育関連

キャリアアップ助成金(人材育成コース)

有期契約労働者等のキャリアアップを図るため、有期契約労働者等に職業訓練を実施した事業主に対して助成する。

給付内容

( )内は生産性要件を満たす場合

制 度 助成金額
一般職業訓練(OFF-JT)または有期実習型訓練(OFF-JTとOJTを組み合わせた職業訓練)を行った場合
(1年度1事業所当たり1,000万円を限度)

OFF-JT(1人当たり)
賃金助成:1時間760円(960円)
経費助成:上限10万円
※訓練時間が100時間未満の場合

 

OJT(1人当たり)
実施助成:1時間760円(960円)

※ 有期契約労働者等とは、有期契約労働者および正規雇用労働者以外の無期雇用労働者(短時間労働者、派遣労働者を含む)をいう。

※ 一般職業訓練は同一労働者に1年度当たり1回が限度。有期実習型訓練は同一労働者に1回が限度。

※ 対象となる経費は、事業内の場合は外部講師謝金(3万円/時間を限度)、施設・設備の借上げ料、教材費など。事業外の場合は入学料、受講料、教科書代など。

 

受給要件
受 給 要 件

① 事業所ごとに「キャリアアップ管理者」を配置するとともに、「キャリアアップ計画」を作成して、それについて管轄の労働局長の認定を受けますか?

② キャリアアップ計画と同時または認定後に、職業訓練計画を1つの訓練ごとに作成し、都道府県労働局長の認定を受けますか?

③ 一般職業訓練(OFF-JT)の場合、1コース当たり20時間以上ですか?

④ 有期実習型訓練(OFF-JTとOJTを組み合わせた職業訓練)の場合、実施期間が3ヵ月以上6ヵ月以下ですか?

⑤ 有期実習型訓練(OFF-JTとOJTを組み合わせた職業訓練)の場合、総訓練時間が6ヵ月当たりの時間数に換算して 425時間以上で、OJTの割合が1割から9割ですか?

⑥ 有期実習型訓練の場合、訓練開始前までに対象者にジョブカードを作成しますか?

⑦ 職業訓練計画を提出した日の前日から起算して6ヵ月前の日から助成金の支給申請書の提出日までの間に、事業主都合の解雇等をしていませんね?