助成金一覧

教育関連

人材開発支援助成金 (制度導入コース)

事業主が継続して人材育成に取り組むために、セルフ・キャリアドック制度、教育訓練休暇等制度、技能検定合格報奨金制度等を新たに導入し、その制度を労働者に適用した場合に助成する。

給付内容

( )内は生産性要件を満たす場合

制 度 助成金額
セルフ・キャリアドック制度
セルフ・キャリアドック制度とは、労働者に、ジョブ・カードを活用したキャリア・コンサルティングを、計画的に受けさせる制度です。

制度導入助成 
47.5万円(60万円)

教育訓練休暇等制度
教育訓練休暇等制度とは、従業員に教育訓練休暇制度または教育訓練短時間勤務制度を自発的に取得させることができる制度です。
社内検定制度
社内検定制度とは、会社が実施する職業能力検定を導入し、従業員に計画的に受検させる制度です。
技能検定合格報奨金制度
技能検定合格報奨金制度とは、労働者に技能検定を計画的に受検させ、合格者に報奨金を支給する制度です。

※制度導入にあたっては、就業規則または労働協約に規定する必要があります。

※導入・適用計画届提出時における企業全体の雇用する被保険者数に応じて最低適用人数以上の人数を適用する必要があります。

受給要件
受 給 要 件

① 雇用保険適用事業所の事業主ですか?

② 労働局長が認定した制度導入・適用計画に基づき、その計画期間内に、人材育成制度を新たに導入し、その制度を雇用する労働者(雇用保険被保険者に限る)に適用した事業主ですか?

③ 労働組合などの意見を聴いて事業内職業能力開発計画を作成し、雇用する労働者に周知していますか?

④ 職業能力開発推進者を選任している事業主ですか?

⑤ 制度導入・運用計画を提出した日の前日から起算して6ヵ月以内に事業主の都合で労働者を解雇したことはありませんね?

⑥ 制度導入・運用計画を提出した日の前日から起算して6ヵ月以内に3人を超え、かつ6%以上の特定受給資格者を出していませんね?

※導入する制度によって、上記以外にも受給要件が追加されます。